夫婦箸(七角箸2膳セット) 食洗機対応

プレゼントに「夫婦箸」はいかがでしょうか。

event-keiro01
大(男性) 小(女性)
木の素材 黒檀 パープルハート
箸の太さ 普通(8.0mm前後) 細め(7.0mm前後)
箸の長さ 23.0cm 21.0cm
箸の形状 七角形
頭の形状 フラット
箸先 七角細め


大切な方の大切な日に、特別な逸品を…

誰もが毎日使う箸は、贈り物に最適です!
金婚式、還暦、結婚式の引き出物など、お祝いにいかがですか?

七角箸は手に馴染む、にぎりやすいお箸なので、長く愛される一品です。

プレゼント用として、無料で箱に入れラッピングさせていただきます。


材料へのこだわり

こだわりの箸

材料の購入時(買い付け)から、素直で曲がらない木材、無駄のない長さの木材を厳選し、購入しています。

近年、黒檀や紫檀などの銘木(輸入材)が少なくなっており、価格も高騰し、選択肢が少なくなっています。
そんな中、細い箸になった時、小さなひびも致命的な欠陥となるため、ひびや割れにも十分注意して選びます。



箸づくりへのこだわり

購入した木材から箸材に切り出す際に、単純に角材に沿って切るのではなく、木目に合わせて切ります

左写真のように斜めに切る治具(道具)を使います。


切った時には真っ直ぐな木も、湿気や乾燥によって癖のあるものは反ったり、ねじれたりします。
それを未然に防ぐため、熱をかけ数日置き、曲がるだけ曲げ、大きく反った箸材は外し、まっすぐなものを選んで使用します。


ここから本格的に箸を削りだしていきます。
まず、「粗削り」をし、再度熱をかけます。まっすぐだった箸材も、細くなれば細くなるほど(長くなれば長くなるほど)反りやすくなります。
反りの出た箸は削りながら、まっすぐに調整します。これを丁寧に何度も繰り返します。


調整のできた選りすぐりの箸を「中削り」します。
最低でも四か所の寸法を測りながら、形を整えていきます。

寸法が整ったら「仕上げ削り」として表面を仕上げていきます。
特に箸先は繊細な工程なので、仕上げ削りの段階で、コンマ数mm単位の調整を行います。
箸先は、角があると器を傷つける恐れがあるため、丸く仕上げています
本当にまっすぐでないと、均等に丸く仕上げることはできません。


まっすぐな箸にこだわって

これだけ真っ直ぐの箸にこだわって作った箸でも、使っているうちに曲がってしまう場合があります。その時は無償で交換させていただきます。

一膳一膳すべて手作りしているため、在庫がない場合は、2週間程度お時間をいただいております。ご了承ください。


国産漆へのこだわり

箸作屋の箸は、下塗りから全て100%国産漆を使用しています。※1
技法としては、自然な木目を生かすため、「拭き漆」で仕上げています。
外国産の漆に比べて、国産漆の価格は約5倍ですが、直接口に入れるものだから安心にこだわって、国産漆を使用しています。


通常、漆が完全に硬化する(乾く)まで、半年~1年かかります。完全に硬化した漆は、塗膜としてとても優れており、傷がつきにくく、酸やアルカリ等薬品にも強いと言われています。※2
反対に完全に硬化する(乾く)までに使用すると、塗膜が弱くなる上に、アレルギー体質の方がはかぶれる恐れがあります。

箸作屋では「焼き付け乾燥」という技法を用いることで、自然乾燥の1年後と同じ状態にすることができ、安心してお使いいただけます。

※1 下地に中国産漆や合成塗料を使っていても、一番表面が国産漆であれば、「国産漆仕上げ」と言っても良い。

※2 漆の塗膜は優れていますが、長時間水につけることによる箸の膨張・収縮や、毎日の擦り洗いにより、木肌から少しずつはがれていきます。


食洗機対応

箸作屋のお箸は食器洗い乾燥機に対応しています。

一般的な漆塗りの木箸は、食器洗い乾燥機にかけると反りが出たり変色したり、漆が剥がれたりすることがあります。

箸作屋では、気軽に漆塗りの木箸を使っていただきたいという想いから、材料選びや製造方法から試行錯誤を繰り返しました。

食器洗い乾燥機対応の国産漆を使い仕上げることにより、ご家庭でもお気軽に漆塗りの木箸でお食事が楽しめるようになりました。

万が一、お箸が反ったり割れたり、漆が剥がれた場合は保証とメンテナンス(漆の塗り直し)を行っておりますので、ご利用ください。


名入れについて


箸に名入れをすることができます。

名前や文字を入れて世界にひとつだけのオリジナルのマイ箸を作りませんか!
プレゼント・お祝いにも大変喜ばれます。


保証とメンテナンス(漆の塗り直し)について

夫婦箸(七角箸2膳セット)

meoto01
販売価格(税別)
¥15,000
在庫状態 : オーダーメイド
数量セット